バイオリン

1972年の「赤色エレジー」と1973年の「神田川」にはどちらも武川雅寛のバイオリンの印象的な伴奏がついている。