初唐の詩人の作品

「菊之露」1.8リットルを飲みはじめる。


吉川幸次郎氏は「新唐詩選」(岩波書店 1952年)で、初唐の詩人の作品は、杜甫や盛唐の詩人たちを導き出すための過程、しかもはるか未成熟の段階にある過程であるにすぎないとされている。