日清戦争

昭和3年の小豆島を舞台とする「二十四の瞳」で、主人公が生徒の点呼をしても「はい」と答える生徒は少ない。「はい」というのは一般的な返答の言葉になっていない。