建国門

現在の北京長安街は、1939年に、北京を占領した日本軍が内城に現在の建国門と復興門を設けたことにはじまり、人民共和国成立以後整備されたものという。倉沢進、李国慶「北京」(中公新書 2007年)による。